看護師の面接で、見た目で損をしてしまうのは本当に勿体ないです。

では、具体的にどのような見た目で挑めば良いのでしょうか。

まず、服装からいきましょう。

面接時の服装は、スーツかそれに近いものが良いです。

看護師は普通の一般職と違うからどのような格好をすればよいかわからない・・と悩んでしまう人もたまにいるんですが、普通の職業と何ら変わりません。

ここで、普通の私服で登場すれば、空気が読めないのではないか・・と判断されてしまいがちになってしまいます。

看護師の求人は多く、面接は受かりやすいですが、そういった格好で面接に行ったために、空気が読めないと判断され、落とされてしまった・・と言うようなこともあるのです。

気を付けてくださいね。

スカートも膝下に丈があるようにしましょう。

短すぎると何しに来たのかわからないと思われてしまうかも知れません。

また、髪の色も落ち着かせた色が好ましいでしょう。

看護師を見てみると、茶色い人も最近は多いですが、面接では必ず落ち着いた色に染めて言った方が良いです。

それも、空気が読めないと思われてしまう要素の一つです。